Sakamoto Mari blog

型染したり広告作ったり、いろいろしてます。最近は絵日記が多い。http://hikikoma.wix.com/sakamoto-mari

延岡市美術展

気づけば、第67回延岡市美術展覧会始まっていました。今年も、出品しました。

展示期間:平成29年7月1日(土)~7月14日(金)(午前9時~午後5時まで) 
     ※7月4日(火)、7月11日(火)は休館日

会場:延岡総合文化センター

f:id:hikikoma:20170705164754j:plain
ひとつづき
60×180(cm)
型染め/綿、化学染料

まだ、自分でも見に行けていないという状態ですが展示はされています。おそらく。
二枚のパネルを縦に繋げています。

今回も様々なドラマが生まれて作品が誕生しました。余裕を持って進めていたはずだったのですが、最高に失敗したために二度目をすることになりました。おかげでいつも通りギリギリに仕上がりました。
賞が欲しいなと最初思っていたのですが、失敗してからは、もうできあがってくれさえすれば・・・!綺麗にできあがってくれれば、もうそれでいい・・・それで充分だ・・・!と煩悩をすべて途中で捨て去ることができました。できあがって私が一番感動しました。すごい。やれば、できる。
最後まで、作り上げるにはものすごくエネルギーが必要だったことを思い出しました。最後まで体力は保ったので、家でこいでるエアロバイクは無駄じゃなかった。

毎回、今回の作品のテーマはなに?と聞かれるのですが、今回の作品にははっきりとしたテーマを持たずに作りました。それに、テーマはなんですか?と投げかけられるのにも少々疲れてきました。テーマがなきゃ作品は作ってはいけないのか、という己に問いかけた結果、否でした。たまにはいいじゃない。
そして、なぜ型染めという技法を使って作品を作るのか、というのを突き詰めて考えて出したのがこの作品です。左右上下すべて繋がっている型を四回置きました。終わりがなくはじまりもない、途中の作品を作りたかったのかもしれないなと今書きながら思いました。明確な終わりとはじまりのない作品が作りたかったような気もしています。こんなにも自分で不可解な作品を作るのは初めてです。
それから、今回自分の技術の足りなさを感じました。型をつないでいるところもちょっと失敗しました。けれど、これが今の自分の精一杯だとそのまま出品しました。
練習しなくては。

前の作品は、ものすごく錯綜していてこんがらがっているのが丸わかりなのですが、今回のを見るとこんがらがりながらも一定の方向へ流れているようなのでひとまず何かを脱したような気がして、安心しました。いや、しらんけど。

楽しいな、と染めるのは本当に楽しいなと改めて思えて、またしたいと思えたのが今回一番の収穫だったと思います。次は何を作ろうかなと考えています。
その前に布を買わなくちゃ。
また、作品を見に行ったら感想を書こうと思います。

広告を非表示にする