読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakamoto Mari blog

型染したり広告作ったり、いろいろしてます。最近は絵日記が多い。http://hikikoma.wix.com/sakamoto-mari

東京旅行 04/17 おわり

二日目、ディズニーシーだよ!!!

f:id:hikikoma:20170511162333j:plain

東京行くなら、ついでにシーにも行っちゃおうよ!!!ということで2Dayパスでした。実は。私は、シーは初めてです。
ランドよりも大人な感じでした。やはり。どこに来たの?という外国感。これが現実を忘れられる夢の国なんですね…すごい

f:id:hikikoma:20170511162804j:plain

f:id:hikikoma:20170511162825j:plain

海だ…海がある…。パーク内の端っこらへんからは本物の海も見えます。

f:id:hikikoma:20170511163106j:plain

まずはダッフィーだよね!!!ということでダッフィーを見に。軽食を食べながら、ショーを見ることができます。

f:id:hikikoma:20170511163210j:plain

f:id:hikikoma:20170511163225j:plain

幕閉じるのが死ぬほど早いので、最後のキメポーズを必死で撮りました。右から幕が迫っている。
この日の夕方の飛行機に乗って帰る予定だったので、あまり乗り物は重視してませんでした。というかダッフィーが見られたらもういいやという計画だったので、案外並ばずに普通に見られて結構拍子抜けでした。4月に新しいダッフィーお友達、ステラ・ルーが発表されたのですごい混みだろうと予想していたのですが。周りの年間パスを持っている人の話に聞き耳を立てていると、今日は乗り物乗り放題!らしかったです。
やはり、連休前だったからだったでしょうか。月曜日だったし。天気もちょっと不安定だと予報で出てたし。

f:id:hikikoma:20170511163845j:plain

ステラ・ルー。かわいい。肉球がミッキーになってる。

ビックバンビートがすごくいいという話を聞いていたので、朝の1回目の列に並びました。ジャズショーで、キャラクター達が出てきたりジャズの演奏や歌を楽しめる生のレビューショーです。ミッキーめちゃくちゃドラムたたいてました。なんだミッキー!!!なんでもできるな!!さすが!!!かっこよかった。
この辺から、一緒に行った友達の様子がおかしくなりました。
たぶん昨日の疲れもあった気がします。朝からめちゃくちゃテンションが上がってるなと思って、あれは後でものすごいスタミナ切れを起こしそうな感じだなと薄々感じていたのですが気をつけよって言ってあげればよかったね…

そんなわけで、一人で散策も兼ねてインディジョーンズのアトラクションのFTを取りに行きました。普通に取れたので友達の元に帰りました。

f:id:hikikoma:20170511163951j:plain

お昼のイースターショーは立ち見でしたが、十分楽しかったです。三年前?の続編になっていたらしいです。三年前しらない…。かわいい。みんなかわいい。それから色がめちゃくちゃきれいでした。

f:id:hikikoma:20170511164144j:plain

f:id:hikikoma:20170511164204j:plain

キャラクター達も上陸してくれます。衣装もおしゃれ!ダンサーの人たちのエネルギーはすごいです。衣装がすごいく素敵でした。全開の笑顔とダンスのすごさでエネルギーをもらったのか友達も元気になっていました。すごい。

f:id:hikikoma:20170511165152j:plain

インディジョーンズのアトラクションに入れる時間に行ってみると、機材のトラブルでいつ動くかわからないと言われて、アリエルのミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」に行くことに。当初予定はしていませんでしたが、すごいという話をきいていました。

f:id:hikikoma:20170511165655j:plain

マーメイドラグーンのエリアはほんとよくできてました。ほんとにこれどこ?私どこにいるの?という世界観。

f:id:hikikoma:20170511165910j:plain f:id:hikikoma:20170511165955j:plain

この建物に入っていけるのですが、巻き貝の中を通って深海に行く感じ。中には小さなアトラクションがありました。
ランドよりも私はシーのほうが、中に入っていけてる感がすごい。だいたいすごいしか口から出てこない。あ、これ絶対違う世界だわとずっと思ってました。
ものすごくぶれてるので写真は小さめにしておきます。

f:id:hikikoma:20170511170512j:plain

ショーが終わったらインディジョーンズは動き出しているとのことで、向かいました。ほら!!!全然世界感がちがう!!!あれ、私遺跡…遺跡に来たわ…
鞄は前のネットに入れて、腰にシートベルトをしっかり巻かれてぶんぶん振り回されてきました。絶叫系アトラクションがまったく駄目な私でも大丈夫でした。たのしかった!

後は、アトラクションに乗る時間もなかったので、この遺跡の逆側に見えていたアラビアンコーストに行きたいと言い張って行くことに。

f:id:hikikoma:20170511170950j:plain

ほら!すごいアラビアン!すごい!なんかすごい!

f:id:hikikoma:20170511171043j:plain

f:id:hikikoma:20170511171104j:plain

f:id:hikikoma:20170511171127j:plain

写真からもわかるとおり、曇ってきてこのあと雨が降り始めました。でもそろそろ帰る時間だったのでまあ良かったです。バスに乗る頃にはかなりの本降り。
夜のショーはなくなったらしく、ごめんの挨拶に来た合羽着たキャラクター達に全力で手を振りながら帰りました。
おかしいな…合羽着たミッキーは珍しいと聞いたのですが私二回行って二回とも合羽着たミッキー見てます。
すごく楽しかったです。ずっと帰り際、帰りたくないと呟いていたほど楽しかった…。
あまりにも楽しかったのであまり現実感がなくて、今でもあれ?夢だったかな?とふと思います。

毎年の年間行事にしようかと友達と言っています。

東京旅行 04/16

ディズニーランド行ってきました。というか、こちらがメイン。

 

f:id:hikikoma:20170510145538j:plain

人生二度目です。
晴れてるランド初めて見ました。
前回はほんとに冗談みたいな天気で、本当にその日だけ台風みたいな天気でした。警報が出ていて、歩いてる人が風に煽られて次々に転ぶ、傘は皆だいたい大破してて、雨もひどかった…。夜パレード、花火はなかったです。閉園近くになると、店の中で力尽きた人々が机に突っ伏して寝ている状態でした。

是非、いつかリベンジをしたいと友達とも日々言い合っていたのですが、ようやく!数年の時を経て行くことができました!よかったね!!

f:id:hikikoma:20170510150641j:plain

イースターイベントをやっていました。もちろんこの旅行のために、一か月ほど前からパレード、乗り物、お土産等の計画を立て予習もしており、尚且つ手には私が作った「旅行のしおり」とディズニー冊子についていた地図を持っていました。
楽しむ用意は完璧。

f:id:hikikoma:20170510151029j:plain

日曜だったので、結構な混み具合だったとは思うのですが五月の連休前だったからか乗り物の待ち時間を見るとそうでもなかったのかもしれません。親子で来てる人がたくさんいました。人生でこんなにベビーカーが並んでいるのを見たのは初めてでした。
ハニ―ハント、カリブの海賊イッツ・ア・スモールワールドがお休み中だったので乗り物はそんなに重視していませんでした。パレードと、ワンスアポンアタイムが今回はメイン。
ホーンテッドマンション、フィルハ―マジック(二回)、ジャングルクルーズ、スティッチの魅惑のチキルーム、白雪姫と七人のこびとウエスタンリバー鉄道

結構、乗れたのでは!?と今書きながら思いました。当初の予定では、ホーンテッドマンションジャングルクルーズ行けたらいいねって言ってた程度でした。

f:id:hikikoma:20170510153237j:plain

イースターパレードは、うさたまという謎の耳ついたたまごの手足生えたみたいな物体が逃げ出して捕まえろ!みたいな話でした。内容はよくわからなかったけど、かわいかったので何の問題もなかったです。たのしいああたのしい。ちょっと遅いかなと言いつつ一時間前ぐらいから場所取りしていたのですが十分たのしかったです。

f:id:hikikoma:20170510152414j:plain

f:id:hikikoma:20170510153308j:plain

f:id:hikikoma:20170510153327j:plain

f:id:hikikoma:20170510153500j:plain

夕飯は予約していたので、シーサイドカフェへ。イースターメニューを食べました。デザートめちゃおいしかった。

f:id:hikikoma:20170510153633j:plain

夜はワンスアポンアタイムという、シンデレラ城に映し出されるプロジェクトマッピングを見ました。どうしても見たかったので、良い場所取ろうということで三時間前に、座って見ることのできるエリアの一番後ろを陣取りました。夜パレードは今回は捨てよ!ってことで、遠くから少し離れたシンデレラ城の前からながめることに。
この日、日が暮れ始めると寒くなりました。風強かった…。友達は薄いダウンを持ってきてました。私はとりあえず持ってきた服を全て着込みました。

f:id:hikikoma:20170510154538j:plain

f:id:hikikoma:20170510154554j:plain

内容としては美女と野獣を中心に、ディズニー映画を振り返る感じでした。レーザーも使われていたり、火柱が出たり派手ですごかったです。三時間前から場所取りしててほんとによかった。もうこれだけで来たかいがありました。見るのに必死だったのであんまり写真は取ってないのですが。

f:id:hikikoma:20170510160022j:plain

22時発(最終運行)のウエスタン鉄道に乗ったら割と長かったのです。ほぼ人のいないランドを上から眺めることができました。
そんなわけで22時半ほどまで楽しんで、ホテルのシャトルバスに乗りました。

広告を非表示にする

東京旅行 04/15 ③

f:id:hikikoma:20170509150011j:plain

お隣の個室に誕生日を祝いに来ていたらしい。ムーミンとの突然の出会い。

広告を非表示にする

東京旅行 04/15 ②

f:id:hikikoma:20170508134311j:plain

f:id:hikikoma:20170508134407j:plain

日本中から集めたらしい古いミシンを使ったインスタレーション。様々な国旗がありました。ひと部屋ミシンが並んでいました。

f:id:hikikoma:20170508134555j:plain

ものすごく大きい作品でした。うねっているのは宇宙になっていて、星が細かく描きこまれていました。大きさに圧倒された。インドで工房を構えて、作家活動をしているらしくインドっぽさもありながらグローバルな感じでした。
ひとつひとつ規模が大きい。

広告を非表示にする

じゃがじゃがジャーナル、広告の話

f:id:hikikoma:20170407170406j:plain

じゃがじゃがジャーナル/延岡総合文化センター

 2017年4月~2018年3月までのじゃがじゃがジャーナルでの夕刊デイリー新聞社様の広告を作らせて頂くことになりました。
 リンク先にてPDFで見ることができます。
 延岡では全戸配布のようなので、お家に届いた際はどうぞよろしくお願いします。
 毎月違うデザインの予定です。コピーも私が書きました。

 宮崎国際音楽祭のパンフレットでの夕刊デイリー新聞社様の広告も私が作らせて頂いています。パンフレットの見本が届いたら、またworkのページに載せようと思います。
 諸々、見てくださるとうれしいです。

 

 

 先日、じゃがじゃがジャーナルで夕刊デイリー新聞社の広告を作っているという話を江藤さんにしたら、じゃがじゃがジャーナルの文字のデザインをしたのは弟の勝年司なのよ、とお聞きして大変驚きました。遺作だったとお聞きしました。
 なんとも縁があるな、と思ったのですがよく考えたら延岡の文化の基盤を作った方なので、そりゃあ勝年司さんが関わっているものは多いよなあと納得しました。
 文化にまつわることは、背景を知って初めて理解できるような気がします。今まで以上に大事にしようと思います。

hikikoma.hatenablog.com

祝賀会のはなし

左:カバー 右:カバー下(表紙)

f:id:hikikoma:20170323131204j:plain f:id:hikikoma:20170323131216j:plain

江藤奈保さん

延岡市出身。恒富高(延岡高)、東京の共立薬科大学(現・慶應義塾大学薬学部)を卒業後、薬剤師として、延岡市医師会に3年間勤務、その後、東京慈恵医大の薬理学教室など、約20年間勤務し、延岡に戻った。延岡では昭和54年に「ぎおん町調剤薬局」を開設。延岡市薬剤師会会長、県薬剤師会理事を務めた。
そのほかに、延岡男女参画会議21会長、国際ソロプチミスト延岡会長、仲田又次郎翁顕彰会長を務めるなど、女性の社会参加の推進や延岡の歴史の伝承に寄与。現在も城山ヤブツバキを楽しむ会代表世話人として、延岡の自然を広く紹介している。

参考:夕刊デイリーWeb:江藤奈保さんに薬事功労者功労大臣表彰

 

 江藤さんの長年の悲願であった、延岡城山に群生しているヤブツバキをこの本を持って鑑賞できる、ガイドマップのような本です。ただのマップではなく、ヤブツバキの楽しみ方、特徴、等ヤブツバキに対する理解が深まりました。

 写真を見るだけでも、楽しく美しい本です。
夕刊デイリーWeb:”延岡の宝”ヤブツバキの魅力を多くの人に

 

 先日、3/12の「延岡城址のヤブツバキを楽しむ会」にこの本を見ながら、参加してきました。

夕刊デイリーWeb:変化に富んだヤブツバキ

 残念ながら、今年はあまり咲かない年だったようで、葉に隠れたり頭上にあるヤブツバキを探しながら、時には全く咲いていないところは本で補完しつつでした。しかし、世話人の中村さんの後をついて説明を聞いてヤブツバキを見つけて「あった!あそこ!あそこ!」と言い合うのもまた楽しかったです。
 一緒に行った母とも言っていたのですが、まるで宝探しのような体験でした。
とても楽しかった。
 余談ですが、今年と去年、一昨年、夕刊デイリー新聞社掲載の「城山城址ヤブツバキを楽しむ会」の広告は私が作らせて頂いています。

 

ヤブツバキを楽しむ会、行ってきた。

hikikomaさん(@hikikoma)がシェアした投稿 -

 

 3/16にホテルメリージュであった、江藤奈保さん「延岡城址のヤブツバキ」出版記念祝賀会に出席しました。
 本来なら私のようなペーペーのデザイナーもどきみたいな者には縁のない祝賀会でしたが、江藤さんからお話を頂いて本の中のイラストを二点描かせて頂いたので有り難くも出席できることになりました。

f:id:hikikoma:20170323131715j:plain 

 江藤さんと私ですが、お昼ご飯をよく誘って頂いてご一緒します。元々は父が起点です。
 私の江藤さんの記憶はたしか、中学生だったか高校生だったかの頃が始めだったと思います。父がとてもお世話になっている、ということを聞いた気がします。
 そして、高校生の時だったと思うのですが、江藤さんから弟さんであるグラフィックデザイナーの江藤勝年司さんの遺品を当時私が芸大を目指しているということを聞いた江藤さんから頂くことになりました。画集、道具等今見れば大変価値のある宝の山です。今になって、大変すごいものを頂いてしまったと驚くばかりです。
 その時画集の中にあった田中一光さんの「田中一光の文字とデザイン」を見て憧れて大好きになりました。その後田中一光さんの母校である京都市立芸術大学に、私は入ることになります(出てないけどね!)
 ちなみに私は田中一光さんが京芸出身だというのは、入学してから知りました。
 江藤勝年司さんは田中一光さんの弟子であるそうなので、なんだか色々と勝手に運命を感じていたりしていました。
 私が生まれる前に勝年司さんは亡くなっているので、もちろんお会いしたことはないのですが江藤さんからお話を伺ったり父から聞いたり、頂いた画集を見たり使っていた道具を触ったりなんだか身近に感じています。
 「延岡城址のヤブツバキ」のカバー下の表紙で使われているツバキのイラストは江藤勝年司さんが描かれたものです。その表紙の本の中に私の描いたイラストが載っているというのは、本当にうれしいです。

 祝賀会は大変あたたかいものでした。皆、延岡を支え延岡に愛を持つ方々ばかりでした。江藤さんのスピーチは本当に感動しました。熱意を込めて作られていたのがわかりました。
あまりの顔ぶれの祝賀会だったので、死ぬほど緊張してちょっとごはんの味は覚えていないのですがおいしかったような気がします。次の日は筋肉痛でした。

 江藤さんとお昼をご一緒しているときによくお会いする杉本さんに「いつもと違うから、誰かわからなかった。かわいい」と言われたのを聞いて、あ、日頃からほんと気をつけよって思いました。膝に穴の開いてるジーンズとか穿くのほんとやめよって思いました。

広告を非表示にする